業務の効率アップ

予約配信とマルチパートメールがあるメール配信システムを選ぼう

メール配信サービスを利用するときは業務の効率を上げるための機能が充実しているものにしましょう。例えば予約配信メールというものがあれば便利です。これは予め設定した日時に顧客に対してメールを送ります。メリットは毎回送信作業をする必要がない部分です。毎回メール配信作業の手間を省けるので空いた時間をマーケティング施策などに使えます。またマルチパートメール配信ができるメール配信サービスもおすすめです。この機能はテキストメールとHTMLメールの2つを1つのメールとして配信できるものです。メール受信者の環境に適用したメールが配信されます。マルチパートメール配信を利用すれば顧客がメールを読んでくれる可能性を上げることができます。

配信結果の分析ができると便利

メール配信をしても顧客がメールを読んでくれないと意味がありません。また送信したものがエラーになってしまうこともあるので注意が必要です。そこでメール配信システムを利用するときは配信結果を分析できる機能がついているものを選びましょう。この機能は配信エラー分析というものが付帯します。これはメールボックスの容量オーバーやプロバイダー側の制限などで、届かなかったメールの分析ができます。さらにメールの開封率も調べる事が可能です。メール内に記載したURLのクリック率も集計できるので非常に便利です。うまく利用すれば分析結果を参考にしてメールの改善をできるでしょう。そうすれば顧客が読んでくれやすい無駄のないメール制作を作ることができます。結果的に無駄なメール制作をする余計な時間を使わなくてすみます。

メール配信APIが今重視されている理由は何よりも「便利」ということです。アプリケーションを連携させることで新たなサービスの開発に繋がります。